2017/10/29

いすず川清掃


【見た夢】※赤文字は教えてもらった内容
病気?片目が開かない人、誰?
  • 病気ではない。いすず川管理人いすずさん(いすず川の神)の片方の目が生まれつきとても細い。

    ヨルミはアマさんといすずさんに頼まれて、大雨で増水氾濫して汚れてしまったいすず川の掃除をすることになった。
    いすず川を堰き止めている流木を取り除く作業をするため、ヨルミは鎌鼬ができるお狐さん達に連絡して、おばばちゃん、紫さん、シノブさん、ナミちゃん、タマさん、おばばちゃんとこのやさぐれさん達が集まった。ヨルミは雷を落としながら鎌鼬で切り刻んでいき、皆もあちらこちらで流木を鎌鼬で切り刻んでいった。タマさんは鎌鼬が出来ないので日本刀を振り回していた。実は凄い使い手でバッサバッサ切っていた。
    細切れになった流木はどんどん川下に流れていき、いよいよ最後の流木ダムです。ヨルミがダムに背中を向けて「いやー!!」と声を出すと、背中から沢山の針が飛び出し、流木ダムはあっという間に針だらけになった。そのあと右手を上げるとモクモクと黒い雲が湧き上がって空が真っ暗になり、その手をおろすと周りが真っ白になって「ドカーン!!」と大きな雷が落ちた。大きなダムは木っ端微塵になり、溜まった水と一緒に流れていった。これでお掃除終了です。
    このあとアマさん、いすずさんからのお礼で、皆でトヨさんの特別料理をいただいた。「皆さん!作業ご苦労さまでした!さぁ食べ放題だよ!飲み放題だよ!」と言われ、参加者は清酒天の錦、特製キノコ懐石、伊勢海老鍋をたらふくご馳走になった。(アメ坊)
登場人物一覧

0 件のコメント:

コメントを投稿

★コメントを他の方に見られたくない場合は『非公開希望』と書き添えてください^^

Ranking:ブログ村R | 人気BlogR | AirR | FC2R