2017/05/10

ケルベロス品評会


【見た夢】※赤文字は教えてもらった内容
高級っぽいホテルのベッドをペットが汚したみたいで、まだ寝ている夫婦にその事を話して、そのあとお風呂に入った。
  • ケルベロス愛好会の品評会に遅刻しないように前日、ヨルミ、しろ(ケルベロス)、アメ坊は、サタンホテルのスイートルームにサタン、エリス、サタンの飼い犬ペケと一緒に泊まった。ペケは真っ黒で獰猛な三首のセルべロスで、サタンとエリスの言うことしか聞かない。でもなぜかヨルミにはやたら懐いていて手やほっぺを舐めまくり、三首だからいつもベチャベチャになる。ペケとしろはとても仲が良い(ケルベロスは他の個体とあまり仲良くしないので珍しい)。しろはベッドでおねしょをしてしまい、シャワーを浴びてから皆で出かけた。

    ケルベロス愛好会の品評会は、サタン主催で日本の飼い主が集まり、ケルベロスの日本一を決める。審査は、毛並み、躾け、気の荒さなどほか多数の項目があり、その得点で競われる。
    会場へ出かけると、ケルベロスがおよそ50頭くらい愛好家とともに集まっていて、皆はサタン一行を「えーっ!」とか「おお!」とか「ほーー!」とか言いながらジロジロ見ていた。
    奥の方から関西支部のオジサンがやってきてサタンに挨拶し、その後ヨルミに「超希少な白ケルベロスは初めて見ました。会場の皆さんも驚いていますよ。」と言った。
    それからコンクールが始まり、結果は一等賞がサタンの黒い三首(ペケ)、二等賞は関西支部長の黒い二首、三等賞は群馬支部長の黒い三首で、一等と二等は後日世界大会へ出場する。
    しろは成績はいまいちだったが、超稀少ということで特別賞を貰った。(サタン)

【こちらの世界】
ブウ父、いよいよ本格的にあちらの世界入りの時期ですが、諸々の事情でブウ母から四六時中なまえを呼ばれて、その言霊に引きずられてしまうため、ブウ父は「修行に専念できない・・・」と嘆いているようです。そういった事をブウがブウ母に何度も言っているのですがブウ母は全く理解できません。困ったものです。

綺麗なつつじのアーチをくぐってブウ父のお墓へ・・・
登場人物一覧

0 件のコメント:

コメントを投稿

★コメントを他の方に見られたくない場合は『非公開希望』と書き添えてください^^

Ranking:ブログ村R | 人気BlogR | AirR | FC2R