2018/10/18

逃亡犯

【こちらの世界】
こちらの世界で閻魔長のしれとこさんから聞いた話しなのですが・・・
『○○晴明』は地獄を抜け出して長いこと世界を転々と逃げ回っているそうです。
ジョカちゃんの息子の千里眼とその師匠の万里眼、そのほか神と闇の関係者から時々入ってくる情報をもとに地獄部隊が動いているそうですが一向に捕まらないようです。

晴明は神の許可なくして使用が許さない術を使い続けた罪で地獄入りしたそうですが、その地獄の中でも何か術を使ったみたいで、鬼さん達と一緒にいる場所で晴明だけが突然消えてしまったそうです。
地獄セキュリティを突破できるなんて晴明恐るべしです!・・・おっと、感心している場合ではありません。そんなハンパない晴明を捕まえるため、地球では最強?といわれてる占い師からアドバイスをもらい、ある作戦を最近開始しました。

晴明は永田町の○○と共に悪事を企みすでにやらかしてる疑惑もあるし、今度捕まったら地獄ではなく星落ちかもしれません。早く捕まってほしいです。
登場人物一覧

2018/06/07

白じい全員集合

この八年間いろいろな事がありましたが、最初の頃に大変よくしていただいた白子の諏訪神社の白じいから「生きているうちに一度は諏訪においでよ~!」とお誘いを受けて、う~ん確かにふたりの蝋燭が大分短くなってきているらしいし、燃え尽きる前に・・・と、今日ついに白じいの本宅である諏訪大社上社本宮へ行って来ました。

こちらはブウが撮った鳥居の写真。
白じいが写っているとかいないとか・・・。

到着するといつもの薄切り白じいではなく、本体白じい(全国の諏訪神社から薄切り白じい皆さんが全員集合してくれました!)が迎えてくれました。

そして諏訪大社へ伺ったもう一つの理由・・・
白じいの提案で、白じいとブウの間である契約を結んでいただきました。

こちらは薄切り白じい皆さんの集合場所だそうで、
毎日深夜に皆さんで記憶を共有したら各々の諏訪神社へ帰っていくそうです。

年に二回、辺り一帯の神社から代表眷属が集まり、雷電さんの行司で相撲大会が行われるそうです。最後に雷電さんが優勝者だけと取組、その時の行司は白じいだそうです。

境内は木が多くて緑いっぱい!とても清々しいです。写真中央は見張り台として眷属が使っている木だそうです。右写真は眷属の洗面所だそうです。
私が「どんな眷属さんがいるの?」と訊いてみたところ、白じいは「キツネ、タヌキ、イヌ、ウサギ、ムササビ、リス、キジ、ハト、カラス、ヤモリ、フクロウ、タカ、ウマ、クマなど沢山の眷属が居るよ」と教えてくれました。

「今回一番の柱!」だそうです。
次回は2022年?

帰りに諏訪湖沿いを一周してみました。

諏訪滞在時間はほんの数時間でしたが素晴らしいひと時でした。
白じいの皆さん本当に有難うございました。
登場人物一覧

2018/06/01

料亭トヨさん?

【覚えてない夢】※赤文字は教えてもらった内容
こちらの世界で家に来ていた皆さんとの話しの流れで、ヨルミが「そうだ!"料亭トヨさん"へ行こう!」(←店ではないが…)と提案、イザさんがトヨさんに連絡して、急遽トヨさん家で食事会が開かれた。
参加者はヨルミ、いっちゃん、ヒューイ、ひいひい爺、ひいひい婆、ひい爺、ひい婆、ナギさん、イザさん、おじちゃん、かあちゃん、アメ坊、ワラ坊

★山の幸料理(トヨさん&いすずさん提供)
 竹の子の刺し身
 筑前煮
 ウドのごまあえ
 天ぷら
 ・竹の子
 ・行者にんにく
 ・あけび
 ・わらび
 ・松茸

★海の幸料理(トヨさんの旦那さん提供)
 鯛の塩焼き
 トヨさんが採取したワカメのみそ汁
 はまぐりの酒蒸し

お酒は鬼が静かになるほど美味しいといわれる『鬼殺し』で、いつもなら大騒ぎして飲み比べになるのに、今日は皆さん静かに料理を味わいながらお酒を飲んでました。
最後にヨルミが皆さんの肩をひとりひとり揉んであげると皆さん虹色になっていました。(アメ坊)
登場人物一覧

2018/05/26

栗城さんの死

エベレスト登頂を目指していた栗城さんがその目標を達成できずに先日亡くなられてしまいました。そのニュースにショックを受けた方は結構多いかと思いますが私もそのひとりで、そういったことを家に来ていた皆さんに話していたら、エベレストにお住いをお持ちの方々から厳しい言葉が返ってきました...。

シバさん「前回だって死ぬ寸前で命だけは助けてやったのに。性懲りもなくまた酸素使わないで山に登りやがって。今回はもう助けてやらなかった。ばかは死ななきゃ治らない!」
カリーさん「酸素を使えば山頂まで見逃してやるとあれだけ教えてやったのに全然言うこと聞かなかった。そのあと指が殆どなくなってしまい、そんな体でエベレストに登るなんて神の山をなめてる!」
ブッさん「近頃は信仰心がない登山者が猫も杓子もエベレスト登山とか本当に迷惑だ。しかも酸素ボンベ無しとかそれまじ自殺行為だから!」
ジョカちゃん「栗城?興味ない。どうでもいい。だけど山で死んで聖域を穢すのはやめてほしいわ!」
シバさん、カリーさん、ブッさん「とにかく招待もされてないのに聖域に入って来るなよ。エベレストに登る=それは神の招待を受けて山頂(神域)で対面してもらえる、つまり神事だから。招待されるに値する魂の修行をしてから、酸素ボンベ背負って来い!」・・・との事でした。

その後あちらの世界の閻魔庁第七特別法定で開かれた栗城さんの裁判ですが・・・
栗城さんは「夢を持たない若い人達に夢を与えたかった、神々が住む天界の景色を見せたかったのです。まさか自分が死んでしまうとは思いませんでした。夢を追いかけるために神様の警告を無視して、事故を起こしてしまい、多くの人に迷惑をかけてしまいました。今は反省しています。」と発言していました。
シェルパを除いてエベレスト登山中に亡くなると、神域・聖域を穢したということで、数十年~百年程地獄へ行かされる事が多いそうですが、今回下された判決はちょっと異例で、
「これから100年、エベレストでガイドの仕事中に死んだシェルパの家族を見守る仕事(修行)をする。」でした。
栗城さんは「頑張って山の民を見守ります!!」そう言ってお辞儀しました。
登場人物一覧

2018/05/24

パオペエ?

【見た夢】※赤文字は教えてもらった内容
北○○へ行き、トップの奥さんに会った。奥さんの横には外人が居て、奥さんは笑いながら話していたが、顔がドス黒かった。なんか薬を作らされているみたいだった。
  • 北○○はもう終の近い国でセンちゃん的には全然興味ないのだが、ヨルミが「どんなハッタリ野郎か一度見てみたい」とか言うので、仕方なく連れて行ってあげた。
    そのハッタリ野郎は中国へ行っていて留守で、ヨルミは奥さんと話した。奥さんは麻薬作りの組織幹部で、奥さんの横に居た外人はその関係者。
    いよいよ食べ物がなくなってきて暴動が起きる前に何とかしなければ・・・と右往左往しているが、部下の事も段々抑え切れなくなってきている。「もうどうにもならないんですよ~」と奥さんは笑っていた。

    奥さんの顔が黒く見えたのは、センちゃんの持っているパオペエ"見る見る眼鏡"をヨルミがかけたからで、その眼鏡をかけて人を見るとその人の本当の姿が見える。奥さんの魂は真っ黒に汚れていた。

    パオペエは古代から伝わるシャンバラテクノロジーが詰まった武器。
    センちゃんの持っているパオペエはこの眼鏡だけだが、パオペイは他にも様々な効果があるもの数百種類あるらしい。誰がどんなパオペエ(日本では神器と言っている)を所有しているのかは、所有している者皆が大概それを秘密にしているため、ほぼ不明。(センちゃん)

    その後、"見る見る眼鏡"をかけているヨルミを見たネーネが「なにそんな古い道具使ってんの~?」と大笑いして、ネーネは"見る見るコンタクト"をヨルミにあげた(アメ坊)
登場人物一覧

2018/04/09

珍しい狐のおじちゃん

【見た夢(ブウ)】
「ドン!ドン!ドン!」扉を叩く音で目が覚めました。
「ブウ!起きなさい!お友達が来ているよ!」とかあちゃんが叫んでいます。
ブウは部屋を出て寝ぼけながら階段を降りていくと、玄関の外にはケンさんがいました。
ケンさんは神社の眷属には珍しい狐のおじちゃん(※1)です。
ケンさんには双子の兄弟のカッさんがいます。
ふたりとも細身ですが、体の筋肉がカチンコチンです。
ケンさんが「ヨルミちゃんに会いに来たんだけど、出かけちゃっててもう居ないんだよ。行くから待っててね!って言ってたのに・・・」と言い、
ブウが「うん、よくある事だよ。ヨルミは忙しいからね。どこに居るのかブウでもわからないよ。」と言うと、ケンさんはガッカリしました。
ブウはケンさんとカッさんの花壇を見せてもらっていたので、泉の畑を見せてあげることにしました。
ケンさんは泉の畑の果物を頬張って「美味しい!美味しい!」と喜んでくれました。
近々畑作りの達人ポン吉を紹介してあげる約束をして、ケンさんは帰っていきました。

(※1 眷属のおばちゃん・おじちゃんとは、神社のお子達の面倒をみるお母さん・お父さん的存在で、神社眷属の中で責任ある立場)

【こちらの世界】
上記ブウの夢の前の出来事ですが・・・
神奈川の海神様から「ブウに狐のおじちゃんを紹介してあげるよ」と言われたので江島神社へブウと皆さん(ひいひい爺、ひいひい婆、ひい爺、ひい婆、イザさん、おじちゃん、かあちゃん、サタン、ルー、ブブちゃん、ブッさん、文殊ちゃん、マリア、ミカちゃん、キクちゃん、他)と出かけました。
最初『なぜ今ブウに狐のおじちゃんを紹介してくれるの?』と思ったのですが・・・
いつも白子や熊野や花園など狐のおばちゃん達から充電をしてもらっているブウですが、近頃なかなかスムーズに充電されないとかで、少し違うタイプのパワーを入れたほうがいいのではないか?と神奈川の海神様が提案してくれたのでした。(※ブウは自身に力がないため神様から直接パワーを貰うことはできません。かと言ってみんなの通訳をしなければならないのでいつも体力消耗が激しく何もしなければ倒れてしまいます。なのでいつもお狐さん達からパワー充電をしていただいてます)
で、今回紹介してくれたのは江の島神社眷属狐のおじちゃん、ケンさんとカッさんです。

ケンさんとカッさんは筋肉モリモリ系のおじちゃん達ですが、その見た目のイメージとは違ってお花が大好きなお狐さんです。神社の仕事のひとつとして沢山の花壇の管理を毎日しているそうです。
お二方と一緒に神社~敷地内をまわり江の島シーキャンドルにのぼったりして楽しいひと時を過ごしました。これからは時々家のほうにも来てくれてブウに充電してくれるそうです。有難うございます。
登場人物一覧